2018年01月22日

ピカピカの銅の小鍋、できました!

【今週の26日(金)27日(土)はお休みです】

昨日は今年初めてのワークショップでした。
鍛金のワークショップも、何と14回目!
遠くから教えに来てくださる小野さんには
感謝してもしきれません。

2018年のスタートは、ちょっと手強い「銅の小鍋」。

丸い銅板を、絞りながら立ち上げます。

DSCF6445 (630x640).jpg DSCF6446 (640x480).jpg

これがかなり難しい…

力いっぱい叩くと傷ができるだけで
ちっとも立ち上がりません。

DSCF6448 (640x480).jpg DSCF6450 (640x480).jpg

小野さんにフォローしてもらって
立ち上がりの“きっかけ”を作ってもらいます。

そして叩く 叩く 叩く 叩く 叩く

だんだん銅が固くなってきますので
強力バーナーで黒くなるまで“なまし”ます。
熱することで、銅がまた叩きやすい硬さに戻ります。

DSCF6451 (640x480).jpg

そして、叩く 叩く 叩く 叩く
なます 叩く 叩く 叩く 叩く

DSCF6456 (640x480).jpg DSCF6452 (640x480).jpg

DSCF6458 (640x480).jpg DSCF6459 (640x480).jpg

DSCF6459 (640x480).jpg DSCF6460 (640x480).jpg

DSCF6467 (640x480).jpg DSCF6469 (640x480).jpg

DSCF6470.JPG DSCF6475.JPG

を繰り返し

取っ手を付けて 
ヤスリをかけて 
刻印打って

激闘210分!!
ついに、世界でたった一つの銅の小鍋が完成しました。

DSCF6463 (640x480).jpg DSCF6477 (640x480).jpg

みんなカタチが違い、どれも素敵!
参加された皆さん、お疲れ様でした。
家宝にしてくださいね(笑)!

DSCF6464 (640x480).jpg

DSCF6478 (640x480).jpg

↑恩師を囲んで(笑)

さて、今月のもう一つのワークショップ
打って変わって“ふわふわ系”。
今度の日曜日ですよ。
ワークショップ「糸を紡ぐ」Vol.1

■日 時 1月28日(日)
     10:00〜満席 
     14:00〜 あと2名
■所要時間 約1時間半
■参加費 2,000円

※お申し込みはメールまたは店頭にてお申し込みください。
(お名前・ご住所・希望時間・当日のご連絡先 を明記ください) 


【2月のお休み】PEANUTS WEEK期間中は無休
 2日(金)
 8日(木)・9日(金)
 23日(金)←くらしときめきアカデミー磐田での講座
*営業日曜・祝日は17時まで
posted by Kayoko at 15:30| Comment(0) | ワークショップ

2018年01月08日

鍛金ワークショップ満席! と『小野銅工展』

21日の鍛金ワークショップVol.14は満席となりました。
気になっていた方、次回にぜひ!

そして店内には講師の小野さんの作品が並びました。

DSCF6425.JPG

最近、浜松には新規のパン屋さんや珈琲焙煎のお店が増えていますよね。
だからという訳ではありませんが
コーヒーメジャースプーンや
ミルクパン
バターナイフ 
シェラカップ等々。

毎日の暮らしだけでなく
キャンプなどのアウトドアでも活躍する作品がズラリ!

そうそう、こんなお茶目なスプーンも。

DSCF6421.JPG

「ネコの手スプーン」。
ネコ好きはもちろん、忙しい方にもおすすめです(笑)。

すべて期間限定の販売となります。

金属なのに温かい。
小野さんの人柄そのままの作品を
暮らしの中で愉しんでくださいね。

DSCF6424.JPG

ワークショップ「糸を紡ぐ」Vol.1は引き続き募集中です。


【1月のお休み】営業日曜・祝日は17時まで
 12日(金)
 14日(日)
 19日(金)
 26日(金) ←くらしときめきアカデミー磐田での講座
 27日(土)
posted by Kayoko at 13:11| Comment(0) | ワークショップ

2018年01月07日

“糸を紡ぐ”ということ

今月28日(日)のワークショップは「糸を紡ぐ」。
講師であり染織家の中村美喜子さんのご紹介を少し。

23415479_647880645336406_6172429933164451346_o.jpg

浜松で工房を構える中村さんは
綿織物に使う綿を自ら栽培し、綿を紡ぎ
反物や帯を織っているアグレッシブな染織家です。

得意とするのが「出雲織り」。
島根県安来市がルーツのこの織物は江戸時代に確立し
棉から紡いだ糸を藍染めしてから織りあげるもので
その模様は創造的・独創的な感覚で配列され
洗えば洗うほど独特の深みと美しさが増すことで有名です。

26233146_682652161859254_6669941830414038617_o.jpg

偶然にも浜松市内でこの出雲織りの着物と出会い
すっかり魅せられた中村さんは
すぐさま島根に向かい、弟子入りしてしまったという
実にあっぱれなお人柄。

「5月に種蒔きをし、夏の花を愛で、秋の実を採る。
少し前までは日本中のあちらこちらで
当たり前のように、家族の為の機を織っていたということを
感じ取ってほしい」
と中村さんは言います。

気が遠くなるほどの作業は、家族のために。

着るものがたやすく手に入る今だからこそ
“想い”は引き継がねばなりません。

25552191_675981042526366_5715798576312424958_n.jpg

綿から糸になる・・・
当たり前だけど、すっかり私たちの意識から無くなってしまった作業を
ワークショップで体験してください。

中村さんが織り上げた生地も、ご覧いただけます。

ワークショップ「糸を紡ぐ」Vol.1

■日 時 1月28日(日)
     10:00〜 14:00〜 *各回MAX4名
■所要時間 約1時間半
■参加費 2,000円
※お申し込みはメールまたは店頭にてお申し込みください。
(お名前・ご住所・希望時間・当日のご連絡先 を明記ください) 

24300970_664788520312285_4836406873573121708_n.jpg

★1月21日(日)の鍛金ワークショップ
9:30〜 あと1名
14:00〜 満席  となっています。
ラスト1名! お早めに〜。

【1月のお休み】営業日曜・祝日は17時まで
 12日(金)
 14日(日)
 19日(金)
 26日(金) ←くらしときめきアカデミー磐田での講座
 27日(土)
posted by Kayoko at 16:52| Comment(0) | ワークショップ