2019年01月15日

これぞ日本の職人技!

昨年末、コインケースと共に写真だけお見せしましたが
ご覧になった方は「なんだろ、これ?」と思われたでしょう。

DSCF7645 (640x467).jpg

この正体は・・・茶筒なんです!

つくり手は1908年(明治41年)創業の我戸幹男商店さん。
伝統ある山中漆器の高い技術を活かし
長く愛される漆器を作り続けています。

日本の伝統的な「和」の美意識をベースに
シンプルで普遍的な美しさと
高い精度による実用性を追求しながら
新しいチャレンジも怠りません。

そんなつくり手を紹介するのにふさわしい、
モダンな茶筒。

DSCF6035 (640x479).jpg

手にしっくりとなじみながら
存在感のあるモダンなフォルム。

ロクロで彫られた溝は「千筋」といって、開ける時に滑りにくく
デザイン的にも陰影がアクセントになっています。

DSCF6040 (640x480).jpg

なによりも!
驚愕すべきは、外蓋と内蓋の精密さ。

DSCF6038 (640x480).jpg

外蓋は、すーっと滑るように本体と合致。
この気持ち良さは画像や動画では伝えられません。
ワタクシが初めて手にした時のように
絶対に、うわーーーってなります。

木工に限らず“合わせもの”を作るのには
高い技術と経験が必要です。

この茶筒の蓋には、機械だけでは成し得ない
挽き物師のカンと技が凝縮されています。
日本の伝統的なこの技を、ぜひ暮らしの中で実感してほしいのです。

DSCF6039 (640x480).jpg

ちゃんと茶葉からお茶を淹れたくなる、そんな茶筒です。
海外からの評価が高いお茶の文化を
私たち日本人が疎かにするわけにはいきません。
しかも静岡県はお茶どころ。
今年はこの茶筒や丁寧に作られたモノ達と共に
美味しいお茶を暮らしに取り入れてみませんか?


★春のPEANUTS WEEKは2月23日〜28日に決定!★
 先駆けて、“斜めがけポケット”入荷しています。

【1月のお休み】 *日曜・祝日は17:00まで
 毎週金曜日
posted by Kayoko at 12:51| Comment(0) | モノ語り

2019年01月07日

2019年はcol tempoさんのご紹介から

皆さま、遅まきながら
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末からワタクシ、公私共にバタバタしており
お正月はほぼ、ありませんでした。
が、1334+は今年も素敵な作品をご紹介していきます。
どうぞお付き合いくださいね。

2019年のトップバッターは
年末に写真だけ載せた、これ!

DSCF7643 (640x480).jpg

カスタネットじゃないですよー。
イタリアフィレンツェの伝統工芸の技法で作られたコインケースです。
木型に沿わせて成型し、革の端を極限まで薄く削いで形を作ります。

DSCF6031 (640x480).jpg

それにしてもこの艶!
ピッカピカのツヤッツヤです。
筆で染色した後、熱した鉄ゴテで磨き仕上げをするとこうなるんですって!

DSCF6030 (640x480).jpg

DSCF6032 (640x480).jpg

つくり手はcol tempoさん。
イタリア旅行で出会ったこのコインケースをどうしても作りたくて
単身フィレンツェの工房の門を叩き
マエストロに弟子入りしたそうです。

col tempoさんが作るこのコインケースは
マエストロの型とはちょっと違い、より“コロン”とした
オリジナルの木型を使用しています。
そこがつくり手のこだわり。
だから見た目よりもたくさん入ります。

DSCF6033 (640x480).jpg

コインを出すときはザラザラーっとふたの部分に。
こうすると硬貨の種類が一目瞭然で、取り出しやすいんです。

DSCF6034 (640x480).jpg

革はトスカーナ産のベジタブルタンニンなめし。
使うほどに深みが増し、より愛おしい色合いに育っていきます。

ずっと撫でていたいようなコインケース。
「col tempo」とは、イタリア語で「時と共に」という意味。

つかい手と共に、ずっと時を重ねていったほしい

そんな願いがこめられています。

ぜひ手に取ってつくり手の想いを感じ取ってください。
今なら全色そろっています。
もう、本っ当に素敵なんだから!!

【1月のお休み】 *日曜・祝日は17:00まで
 毎週金曜日
posted by Kayoko at 17:30| Comment(0) | モノ語り

2018年12月17日

いよいよ! と、ワークショップの知らせ

長いと思っていた『ラウラジュエリー&タウの木 二人展』
ついにあと一週間となりました。

DSCF7705 (640x480).jpg DSCF7713 (640x480).jpg

まるでアートのようなお二人の作品。
皆さん、代わる代わるお試しになり
笑顔があふれる店内です。

この時期だけのジュエリーの展示会。
「毎年ひとつずつ、お気に入りが増えるのが楽しみ」
「今年はどんな作品が来るのかしら」
と、お馴染みさんからは嬉しい言葉をいただき
今年も24日までの開催です。

DSCF7705 (640x480).jpg DSCF7711 (640x480).jpg

ひとりでも多くの方に手に取っていただきたい!
荒くなる鼻息をぐっと押さえ
皆様のお越しをお待ちしております。

大事な方へ、そして自分へのとっておきのプレゼント、
つくり手がひとつひとつ丁寧に作られたモノなら
きっと喜んでいただけると思います。

ジュエリー以外の作家モノにも
ぜひ注目してくださいね。

DSCF7718 (640x480).jpg DSCF7715 (640x480).jpg

DSCF7709 (640x480).jpg

そして・・・今年もやります
ワークショップ『カンナくずのお正月飾り』募集開始!

DSCF6413.JPG

■日 時 12月27日(木) 10:30〜
       28日(金) 10:30〜
       29日(土) 10:30〜 *定員3名ずつ
     
■所要時間 約1時間
■参加費 1,800円
■持ち物 園芸用ハサミ・持ち帰り用袋 

■下記メールまたは1334+店頭にてお申し込みください。
 メール info@1334plus.sakura.ne.jp
 (お名前・ご住所・希望日・当日のご連絡先 を明記ください)


★11月23日(金)〜12月24日(月) ラウラジュエリー&タウの木 二人展
★12月27日〜29日 お正月飾りワークショップ


【年末年始のご案内】 
 定休日 毎週金曜日  *日曜・祝日は17:00まで
 
 *29日(土)はワークショップのみ開催
 
 12月30日(日)〜1月4日(金) お休み
posted by Kayoko at 17:00| Comment(0) | モノ語り