2019年07月23日

『Heavy・Metal』〜重い金属への想い〜 は31日まで

企画展『Heavy・Metal』も終盤!
いろいろな想いを込めた、重い金属作品たち。

DSCF6645 (640x420).jpg

どれも本当に素敵で
“未来のアンティーク”と呼ぶにふさわしい逸品揃いです。

DSCF6642.JPG

が、どれもある意味、完成品ではありません
使い手が愛着を持って使い込み
その過程を経て初めて完成します。

そうそう、毎年「うわーー」ってなる作品を送ってくれる、鍛鉄の羽生さん、
今発売中の『nice things』という雑誌に載っています。

DSCF6681.JPG

DSCF6682.JPG

あら? 1334+の店内にあるものも。
どなたの手に渡るのでしょう。

工房の様子も紹介されているので
ぜひご覧になってみてください。

DSCF6683.JPG

『Heavy・Metal』〜重い金属への想い〜
■7月6日(土)〜31日(水) 11:00〜19:00 *金曜定休
■7月28日(日) ワークショップ
       「銅を叩いて作るアイスクリームスプーン」 ★参加受付中★

【7月のお休み】
 毎週金曜日

【8月のお休み】
 毎週金曜日+1日(木)
posted by Kayoko at 13:32| Comment(0) | モノ語り

2019年07月19日

三者三様の、コーヒーメジャースプーン

浜松ではここ数年、コーヒー専門店や焙煎屋さんが急に増えました。
それだけコーヒー好きが多いって事?

コーヒーに限らず、お茶の時間って
単に味覚を満たすものだけではない気がします。
生活の中の句読点といいますか・・・。
気分を落ち着ける、豊かにする時間だと思うのです。

だからこそ、お気に入りの道具や器も大切な要素。

例えば、銅や真鍮のメジャースプーン
プラスチックではなく
経年変化が楽しめる金属。

DSCF6678 (640x480).jpg
↑ご存知、小野銅工店さんの銅のスプーン。お人柄が出ている、素朴なデザイン。


つくり手が鍛金の技術で、ひとつひとつ叩いた槌目。
小さな中にもそれぞれの工夫と、美しさがあります。
使っていくうちに、コーヒーの油分と手の脂によって
何ともいえない渋い艶が生まれます。

DSCF6676 (640x480).jpg

DSCF6667 (480x640).jpg
MAKIBITOさんの真鍮のオシャレなスプーン。ドリップスタンドもあります。


買った時が一番美しいプラスチックと
使っていくとどんどん“育つ”銅や真鍮。

ワタクシ的には断然、後者をおすすめします。
お茶の時間の度に、その育ち具合も愉しめるから。

DSCF6677 (640x480).jpg
Kanadeさんの銅のスプーン。少し大ぶりで小さな鍋のよう。


さて、週末28日(日)
ワークショップ「銅を叩いて作るアイスクリームスプーン」。
何と珍しい事にまだ席に余裕がありますよ。

スプーン作りは鍛金の基本。
どなたでも気軽にご参加いただけます。
小学3年生以上のお子様もどうぞ。
早々に夏休みの自由課題を片付けちゃいましょう!

また講師のKanadeさんは、伝統工芸を学んできた作家。
機械がない400年も前からの鍛金の手法で
銅鍋やフライパンを制作しています。

ワークショップに参加しながら
日本の伝統技術に触れるチャンス!
お早めにお申し込みくださいね。


【7月のお休み】
 毎週金曜日

【8月のお休み】
 毎週金曜日+1日(木)
posted by Kayoko at 15:48| Comment(0) | モノ語り

2019年07月11日

槌目が何とも美しい、Kanadeさんの銅鍋

鍋やフライパン、ドリップポットなど
“食”のシーンを豊かにするKanadeさんの作品。

DSCF6531 (640x480).jpg

DSCF6525 (640x480).jpg

はーーー、美・し・い。

どれも洗練されていて、こんな道具があったら
いつもの料理も間違いなく格上げです!

銅板を叩きに叩いて立体にしていく・・・
その気が遠くなるような一打一打に、つくり手のこだわりが込められています。

DSCF6527 (640x480).jpg

銅の特性上、むらなく熱を伝える煮込み料理や揚げ物、
ふんわりと仕上げたい卵料理などに威力を発揮します。
プロの料理人が使っているのも頷ける仕上がりです。

DSCF6534 (640x480).jpg

銅っていうと緑青が気になる方がいらっしゃるかもしれませんが
緑青自体に害はありません。
それでも気になるわ〜、という場合は
内側だけ錫引きすることをオススメしています。

Kanadeさんでは、お買い上げ後のメンテナンスや修理も受け付けているので
安心してずっと使っていただけます。

銅の調理器具は確かに高価。
ではありますが、テフロン加工の物を何度も買い替えていくより
ずっと使い続けられるお気に入りがあるって
すごく素敵な事だと思いませんか?

DSCF6545 (640x480).jpg

親から子へ、いや、孫の代までも
“我が家の味”を引き継いでください。

DSCF6547 (640x480).jpg

今回の企画展では、実際にお手に取って確かめ、そして
オーダーしていただくことができます。
(お渡しするのは約2カ月後となります)

そしてそして、28日(日)にはKanadeさんのワークショップもあるので
長く使うコツやお得意料理など
銅の魅力をいろいろ聞くチャンス!

もちろん、ワークショップへの参加も大歓迎!
ただ今、絶賛受付中ですよー!!


【7月のお休み】
 毎週金曜日

【8月のお休み】
 毎週金曜日+1日(木)
posted by Kayoko at 11:15| Comment(0) | モノ語り