2017年05月27日

植物と暮らす

昨日はくらしときめきアカデミー磐田での講座の日。
今回は旬のバラを使ったブーケでした。
こんな感じ。

DSCF5637.JPG

ブーケ(花束)のコツを知っていれば
気のおけない友達への手土産にしたり
ちょっとしたお礼やお祝いに
気軽に(しかも気の利いた)プレゼントする機会が増えて
もらった人も豊かな優しい気持ちになれるんじゃないかな、と思います。

花屋さんでメインの花を選んで
あとはお庭やプランターの花やグリーンを添えて
もっと気軽にブーケを作ってほしい…そんな想いがあって
この講座では度々、ブーケを作ります。

*参加していただいた皆さんの作品は
1334+Botanicでご覧ください。

アレンジやブーケを作ると
どうしても不要な枝葉を取り除かねばなりません。
せっかくきれいに開いた葉っぱやお花。
そのままゴミ箱行きはかわいそう。

束ねて小さなブーケにしたり、一輪挿しに活けたりして
極力最後の最後まで、愉しませてもらっています。

ST330918.jpg

植物と相性の良いクラフト作品にちょっとだけワザをプラスして
植物との暮らしを愉しんでいただけたら嬉しいです。

ST330919.jpg

あ、この間のクイズのアレ!
お分かりになりましたか?
これもすごく役立ちますよー。
↓ヒントです↓

DSCF5578 (640x480).jpg

★明日28日(日)は17時まで営業します★
posted by Kayoko at 17:36| Comment(0) | 日記

2017年05月18日

『水辺の竹細工』再びC

この時期、どこを見ても若葉が美しく
特に山あいに行くと
山全体がブロッコリーのようにモコモコしていて
「山 笑う」という表現がピッタリ。

今朝もそんな“笑い声”を聞きながら
阿多古の「竹の家」へ行ってきました。

・・・と、カンのいい方はお分かりですね。
竹細工の追加入荷です!
前回、前々回と、すぐに嫁いでしまったふた付きのお弁当箱
受け取ってきましたよー。

DSCF5614.JPG

編み方もサイズもいろいろ。
いちばん大きなものは2人分のお弁当が入ります。
サンドイッチやバーガー、デザートも入る余裕のサイズ。
クッキングシートを敷けば汁気のあるおかずも入れられます。

お弁当だけでなくお裁縫箱や小物入れとしても。
長年使い続けるとアメ色になって、愛着もひとしおです。

DSCF5619.JPG


竹は11月ごろ切り出し、乾燥させ ひごを作り・・・と、
ここまでが全行程の7割強。
それから編み始めていきます。
ひごが無くなったらそのシーズンはおしまい。
なので実は、今の時期がいちばん多くの種類が作られます。

竹というと夏のイメージが強いのですが
お気に入りのカゴを探すなら、今がチャンスです!
(明日19日(金)はお休みですけどね)

★5月のお休み★ 
 19日(金)
 21日(日)
 26日(金)←くらしときめきアカデミー磐田での講座
posted by Kayoko at 19:05| Comment(0) | モノ語り

2017年05月16日

perico畑から届いた、手織のポーチ

経(たて)糸と緯(よこ)糸から織りだされる、リズミカルな模様。
一見、こぎん刺しと見間違えるほど
ふわっと立体的な手織りの生地のポーチが届きました。

DSCF5608 (640x480).jpg

つくり手はperico畑さん。
経糸に麻
緯糸に綿 を使い
北欧風のような、和風のような
細かな模様を織りあげています。

それだけではありません。
織りあげた生地を使って、クッションやバッグなど
様々な作品をひとりで仕立てています。

DSCF5573 (640x480).jpg DSCF5575 (640x480).jpg

織りあげるのだけでも気が遠くなる作業ですが
自分の世界観をそのままつかい手に届けたい、と
仕立てにまでこだわっているのです。

DSCF5610 (640x480).jpg

今回“はじめまして”の気持ちを込めてつくり上げていただいたポーチ。
織模様が際立つ、シンプルなデザインです。

DSCF5600 (640x480).jpg

中布はリネン。
“お懐紙入れ”として使ってもいいし
通帳やハンカチ、ティッシュなどを入れて
「ちょっとそこまで」という時にも便利です。

通帳・手ぬぐい・名刺入れ・免許証を入れると
こんな感じ。
けっこう入りますねー。

DSCF5602 (640x480).jpg DSCF5604 (640x480).jpg

丁寧に作られた小物を持つと、なぜか所作まで丁寧になるから不思議。
さっと取り出すたびに、注目されそうなポーチです。


★5月のお休み★ 
 19日(金)
 21日(日)
 26日(金)←くらしときめきアカデミー磐田での講座
posted by Kayoko at 13:37| Comment(0) | モノ語り